雑司ヶ谷キリスト教会

雑司ヶ谷キリスト教会の催し物情報

→古い掲示板をみる

12月の礼拝予定

12月 6日 薛 恩峰牧師 『イエス・キリストの系図』

   13日 岡田 仁牧師   『いのちの言が宿るとき』

   20日 クリスマス燭火礼拝:15時~16時  鈴木 真也牧師 『旅の宿』 

   27日 (お休みです)

 師走;コロナに明け暮れる年となりました。百年前(1918~1920年)の「スペイン風邪」では、世界  人口18~19億の1/4~1/3が罹患して1700万~1億以上亡くなり、徴兵する適齢男性がいなくなって第1次大戦    が終わったとすら言われます。(日本、当時の人口5500万の43%2380万が罹患、39万が不帰。) 今、  世界人口78億、12月4日現在の罹患者6530万、うち150万不帰。医学の進歩の支えはより強くあるが     交流密度ほかの変化を考えると、コロナの予後は尚々厳しく思えます。

  感染を避ける基本の一は<人と距離を置く>こと。その結果の学校閉鎖やリモート授業や仕事で、他者と接触の  無い状況が長期化;他者と揉まれ切磋琢磨する機会が失われて発達が阻害され、また閉塞感から欝、など多く見聞し、ヒトが如何に他のヒトを必要とする存在か、改めて痛感する日々----ひとが生き方を見直すための試練とコロナ騒ぎを捉える見方があるのも、ごもっとも!の気がします。皆さま どうぞご無事に波を乗り切られますように!


 


11月の礼拝予定


11月 1日 NGOグリーンピース 大館弘昌氏(プラスチック担当)

         『使い捨て社会からリユース社会へ』

    8日 岡田 仁牧師『神が働かれる場』

   15日 所 ルガール牧師 『清くなれ』

   22日 テゼの礼拝

   29日 (鈴木和男牧師=「大先生にコロナ」は まだ怖いので、ご遠慮申上げ・・!)

 

 朝夕寒さもきつくなり、年の瀬 間近か!の感がひしと来ます。コロナに明け暮れ 終わりの見えない中、

礼拝もようよう(social distanceを取りつつ)始めて、細々続けています。ひとが集い語り合う場としての教会、

その一部を担う(と自負する美味しい)昼食会は残念ながら まだ無し。クラスターの多くが会食の場からなのを

見ると、当分ムリそうですね。

 全国一律、問題多い「緊急事態宣言」;「ステイ・ホーム」で  いる場・行く処乏しい大都会住人、特に

子どもには真に厳しい数か月---だったと信州在住の保育者に嘆いたら、「山々あって祖父母もいるし、

こちらではさほど・・」と返事あり。中央集中で地方は衰退一路、空き家・廃村まっしぐら のこれまでの

やり方の再考へ、子どもの健全な育ちのためにも  コロナを機に向かわないものか?!

 

 


10月の礼拝予定

 10月 4日  薛 恩峰牧師 ・・・『霊的な礼拝を神にささげよう』

    11日  岡田 仁牧師  ・・・『空の鳥、野の花のように』

    18日  鈴木 真也牧師 ・・『賜物と挑戦』(テープ礼拝) 

    25日     テゼの礼拝    ・・・ あります。


 新型コロナ、罹っても免疫確立せず再度の罹患や重症化も有り、の厄介さ。世界で死者は既に100万を超えて

減速の気配無く、専門家の予測では、3密避けて共存の道しかない。 未曽有の事態。しかし、春学期以降の

幼~大学の休校/遠隔授業の影響を見ると、実体験が学習の根幹にある世代や領域で、マイナスの効果がはっきり

出て来る。世代では幼児~小児、実地では実技~実習の要る領域;ナマ体験の繰り返しが不可欠である。 2か月

全休で体力ほかガタ落ちの幼児相手に苦闘する教師と、強制無しに不気味なほど静か~な3歳児の昼食風景----

東京の罹患者数減らず・・・。「共存」、言うは易く、では、如何すべきか? 

9月の礼拝

 6日 柏井 創牧師・・・ご本人は大熱意;でも、御大先生 遥々のご出馬は、道中のコロナ

             感染怖いので、なお暫くご遠慮申上げました。

13日  岡田 仁牧師・・・今月は 未だ暫し休会、です。

20日  所 美保牧師 『わたしも あなたを罪に定めない』

          ・・・3密避けて 間を取って普通に 集まりました(但し、昼食会は無し)。

27日  テゼの礼拝・・・ あります!


  コロナ、コロナ、コロナ・・・の日々。東京なお連日200人近い感染;いつまで続くぬかるみぞ、

のコロナ疲れか軽んじてかで会食==>感染拡大、の面もそこにはある?(この数、世界の国々と

比べてマシ、の悲しさ。) また、「時」の(主観的)長さ・重みは年を重ねると共に変わるから、

非常事態宣言下で丸2か月ステイ・ホームの影響は、育ち盛りの子どもにとって、大人~老人(政治

家含む)の2か月を遥かに遥かに超える。先行き見えずの不安---受験・就職、明日のパンと寝る処

---人々の不安を汲み取り、人気取りでない真の対応策を適時に採り実行する指揮者が・・・欲しい!


 



 

5月~8月の礼拝

・5月~6月の礼拝

  5月の礼拝   大変有難いお申出はありましたが、コロナ感染を避けるべく 全てお休みと致しました。

  6月の礼拝   第1・第2週:同上により、お休み

        6月21日 鈴木真也牧師『なまえ と いのち』(テープによる説教・礼拝)   

    6月28日 テゼの礼拝

・7月~8月の礼拝 

   7月第1・第2週: 同上により、お休み

   7月19日 中川英明氏(アムネスティ・インターナショナル・ジャパン事務局長)『人の選択と神の選択』

   7月26日 テゼの礼拝

・8月の礼拝  第1~第4週  同上により、お休み

  8月30日 鈴木和男牧師:かねてより貴重なお申出有り。近来の発症急増を睨み、受けるべきか・受けざる

        べきか、悩み中。直前段階の状況と天候(颱風? 猛暑?)で決めることになります。   



4月の礼拝予定

  4月 5日 (お休みです)

< 非常事態宣言を受けまして、以下の予定を変更いたします。>

    12日 柏井 創牧師 『エマオ途上のキリスト』・・・中止*1

    19日 鈴木 真也牧師・・・中止*2

      26日 テゼの礼拝  ・・・未定

*1:柏井先生、「何十日ぶりかに電車に乗って皆さまに・・・」と、やる気充分のお言葉でしたが、勿体

   なく貴重な先生、お年にも配慮して、今暫く御身お大切にして戴こうとご遠慮申上げました。

*2:身代わりに説教テープを送ってくださいましたが、密接集団が怖いので、中止と致します。

なお、5月については、4月後半のコロナの推移を見て決めることにします。


 パンデミック宣言の出たコロナ;発表される国内の発病者数は人口比で見ると まだ多すぎないと見えるが、

これからもっと本格化してどうなるか?デマと承知で買い溜めに行列~殺気立つ人々、水やラーメンの棚も空っぽ

という。「自分や親しい人の安全や利益に係わることではパニック行動に走り易い」は常識でも、阪神淡路や東北

地震で賞讃された日本人の行動様式---他者への配慮の心---が生き続けてくれることを願うものです。 

 

 新年度の始まりはちょうどイースターの日。恒例・創先生、お元気にテナーで歌いあげます。若者に人気の

真也師は、地はICU(国際基督教大学)出の気さくさ:よくあるお堅いクリスチャン・イメージとは無縁の

おおらかさです。そして歌と瞑想のテゼの礼拝;雀の歌も交えて安らぎの静かな時が流れます・・・

3月の礼拝予定

3月 1日 薛 恩峰牧師 『最後の機会を与えられた犯罪者』

   8日 岡田 仁牧師  『つまずきながらの歩みでも』

   15日 鈴木 和男牧師 

   22日 テゼの礼拝

       29日 (お休み)

 

    子ども時代を文化大革命荒れ狂う中国本土の牧師家庭で苦労され、20過ぎて日本に来、

 貧しいなか勉学に励んだ薛先生:達者な日本語での穏やかな話しぶりに、昔の辛さは表に出ない。

    ・・・大躍進’政策から‘文化大革命’、‘中華統一の英雄’の死まで続く狂乱の十数年、餓死を

    含む犠牲は、ヒトラー時代の戦死を含む全犠牲者を超えると言われる。権力への狂気?

    これほどの大量死を同類にもたらす種(しゅ)は他にない。ヒトがこれからも生きるべき存在なら、

    ホピに倣って 七代先の子孫以降も無事生きられる地球を残さねばならない。自称する名(homo

    sapiens sapiens=賢い賢いヒト)に恥じないように。

 

  岡田仁先生、地鎮祭の司式も不思議でなく引受けてくださる寛容さ。有難いです。

 そして久方ぶりの鈴木和夫先生:「ほんの1~2回」のおつもりが既に50回近い!毎回、深みある

 お話と食事時の軽妙で楽しいやりとり。“偉~い先生だなんて全然知らんかった”とは、ある若い社会

 人の言-----昔、「この禿頭撫でると頭よくなるよ」と幼い子に言う先生の頭を傍から素早く撫で、

 「(お蔭で)1ランク上の高校にすんなり受かった!」と喜んでいた子。ほんとに偉い人は偉ぶらない

 ものだ、を正に地で行くお方。 そして、毎月〆はテゼの礼拝:忙しいなか夜遅くまで準備する聖書

 研究会も含めて丁寧にご用意くださる池田信巳氏。 さらに、毎回の多彩で美味しい食事の準備など、

 縁の下の力持ちの方々に支えられて 自由な中にも凛と楽しい教会風景が続いています。

(今月 最終日曜はお休みです。ごめんなさい。)

 

2月の礼拝予定

 2月 2日 薛 恩峰牧師

    9日 岡田 仁牧師

   16日 鈴木 真也牧師

   23日 テゼの礼拝

 <光の春>:北国から成田へ辿り着くと、青空と あふれる光に感激する。この地

では日々ありふれ過ぎて意識の外にこぼれる恵み。が、東京の夜、星は僅か。外つ国

で夜空見上げ、くっきり大きな ひしゃく(北斗七星)、懐かしい旧友に会う心地する。

南半球、オリオン逆立ちに慌て・・・、思えば当たり前のことなのに。

 「当たり前」:時と処と人と場合で中身は違う。誰しも 自分の「当たり前」が

無意識の基準だから、他者の「当たり前」との差は奇異 ないし ’けしからんこと’ に

感じて どちらが正しいか 揉め易い。強者の論理が罷り通るも、それは正しさを意味

しない。力ある者は、力あるほど その行使に大きな責任あるが、それを心得/実践し

続ける者は稀。されど、全霊あげて<今>を生きる幼な子に学び、日々の務め果たす

時 積み上げ、いつか より遠く見遥かす  高みへ!



1月の礼拝予定

1月 5日 お休み

  12日 柏井 創牧師 『神による逆転』

  19日 所 美保牧師 『一言おっしゃってください』

  26日 テゼの礼拝 

  

  新年おめでとうございます! 2020年、オリンピックがありますね。酷熱の時期が

選ばれる不都合さや、あれこれ不透明~不愉快なことが重なりますが、そもそもは 平和を

願って3千年前、BC9世紀からAD4世紀にかけて行われ、会期中は休戦が保たれた という

もの。同じ願いの本、1896年再開:14か国/男子選手のみ241人。それから100余年

を経て前回2016年:207か国/男女11,238人、華麗な技を競った、と。 で、「平和」は?

内戦や迫害による難民は(2019年)7000万人超という!

 「地には平和を!」と繰り返し祈り、身近な小事に取り組み片づける。蟷螂の斧の嘆きを飲み込み、

若者に微かな希望を託して・・・






、1896年再開:14か国/男子選手のみ241人。100余年を経て前回2016年:207か国/男女11,238人、華麗な技を競った、と。で、「平和」は? 内戦や迫害による難民は(2019年)7000万人超という!

「地には平和を!」と繰り返し祈り、身近な小事に取り組み片づける。蟷螂の斧の嘆きを飲み込み、若者に微かな希望を託して・・・v

12月の礼拝予定

12月 1日 薛 恩峰牧師 『目を覚ましていなさい』

    8日 岡田 仁牧師 『待ち望みつつ、人生から期待されている私』

  15日 国際環境NGOグリーンピース ジャパン 関根 彩子氏 『海の中にプラスチック?』

  22日 鈴木 真也牧師 16時30分~:クリスマス燭火礼拝

                     テゼの歌:ギターやアイリッシュ ハープに合わせて素朴な歌の数々

                     メッセージ 『冒険者たち』

                                      18時~ : 祝 会

   

  早や年の瀬。この1年を振り返り、来る年を考える時。忖度ソンタクなど言う耳慣れない言葉

 が常住 居場所を確保して時過ぎます。下々が勝手に慮ってすることに、上つ方の責任など 無い!  

  昔々 ある処に、<Noblesse oblige ノブレス・オブリージュ/ Nobles are obliged.:高貴なる者

 (=特権を持つ者)は義務を負う>なる考えがありました。日の本この国にも、昔は同様<恥を知る>

 清冽な感覚がありましたが、洋の東西、それはどこへ行ったやら。富/力ある者が益々持ち、さらに

 力を増す手立てを講じて他を顧みない;それが続く時、・・・・・・・!

  クリスマス。いと高きところには栄光、地には平和、人には平安あれかし!! 

11月の礼拝

 11月 3日 薛 恩峰牧師 『光の子として生きる』

    10日 岡田 仁牧師 『信仰による生活』

    17日 ルガール所 牧師 『心の貧しい人は幸いでである』

    24日 お休み ・・・幼稚園の運動会です。ごめんなさい。


 秋。「天高く」も「読書のーーー」も、今や廃語の気配ですが、それでも、様々な秋が

 展開していることでしょう。秋から冬へ、充実の時でありますように-------






10月の礼拝予定

10月 6日 薛 恩峰牧師 『老いない人生とは』

    13日 休会です(NGOグリーンピースは、12月15日(日)となりました。)

    20日 鈴木 真也牧師 『共に座っている』

   27日 テゼの礼拝

 ようよう秋めいて来ました。近年の世界的な気候の'凶悪化‘(高温、豪雨、猛颱風など)

は地球温暖化の現れと常識的には了解され、若者たちの未来のために対策をと訴え続ける

16歳がいる一方、全く知らぬ存ぜぬ大国指導者たち:残り僅かの自分の在世期間だけの

繁栄で事足れりか、見たくないものは存在しない悪しき幼児性か? 変えられるのは未来だけ。

未来の地球とその住人(現・若者たち)のために、改めて<ニーバーの祈り>を見直したい。

  「神よ、変えることの出来るものを変える勇気と、

     変えられないものを受け入れる心の静けさと、

       これらを見分ける智慧とを お与えください。」

 

 

3ページ中1ページ目

<< 1 2 3 >>