雑司ヶ谷キリスト教会

雑司ヶ谷キリスト教会の催し物情報

→古い掲示板をみる

5月の礼拝予定

  5日 薛 恩峰牧師『イエスが生きておられる』

 12日 岡田 仁牧師 『神の愛の言葉を聴いて』

 19日 所 美保牧師 『信仰ある女性達』

         午後、当教会において、「故・谷 忠弥氏を偲ぶ会」

 26日 テゼの礼拝

 

 4月末、関東で32℃超えて また10度台に急降下するも、つられて あっという間にケヤキの樹々

に若葉満ち溢れ、ヤマブキの黄金 鮮やか。ツツジ華やかに存在を示し、柑橘類のつぼみ・新芽にアゲ

ハたち密やかに子孫を託し、・・・、自然界の移り替わりは めまぐるしくも心楽しい。

 楽しいどころか苦しいのは、内外 ひとの世の動きと その結果。そこに「なぜ・・・?」は 決して

通らない。動かす当人たちには (恐らく当然!のことばかり。だから、罷り通る(通らせた)事が

<オカシク あるいは (他者には)苦しくとも>あい続く。もし、立つ者の全てを映す鏡あり/その前

に立たされたら、幼な児以外 どれだけのひとが 胸張って そこに立ち続けていられるだろうーーー

                                                                                               

 

  

2024年 4月礼拝予定

4月 7日 薛 恩峰牧師『永遠の命を信じて今を生きる』

   14日 岡田 仁牧師『世の終わりまでいつも共に』  

    21日 鈴木 真也牧師  『インマヌエルのおとずれ、再び』

    28日 テゼの礼拝

  新年度。コロナ前の恒例は「初めは(柏井)先生」だったし、「いつでも!」と先生は望んで下さるのですが、(内内)ご心配の声も伝わり、ここはご遠慮申上げて、第1週=薛先生、かと。

 櫻と共に入学式、の続く日本国。欧米の9月開始との繋がり悪さが云々され、確かにそうだけど---春爛漫、櫻の時期の捨て難さも。その前の卒業式=Commencement=「始まり」は、いつも不思議に思う一つですが、「卒業」するとは否応なく次の世界へジャンプすること、と納得。 

 また新たに、様々な別れと出会いの春。苦しい「冬」の続く世界にも、いささかなりと《春!》が訪れますように!!

3月の礼拝…番外編

 3月17日礼拝の席には、久方ぶり、昔々の幼稚園生3歳の面影を可愛く遺すA子ちゃんと、入試遍歴全勝/ニュ~ッと170cm超のウチのTくん、いずれも春から大学生!その変貌ぶり、オトナ共の老化も当然、時の流れの足跡まざまざ!

 ’春分’休日はコロナ以来4年ぶりに、鈴木和男先生ご一統にあくがれて雑司ヶ谷グループは茅ケ崎遠征! 真也先生 御自ら駅からご案内下さり、高い木々も あれこれの広いお宅で<テーブルがうめく>ほどのご馳走にケーキ(田澤さま作の懐かしい味!)まで、デザートは お庭の(本来のままに❕酸味豊かな)夏蜜柑・先生自ら皮剥き、とか! 持ち込み弁当食べた後も皆々 食欲旺盛・お話盛ん、難病回復されたばかりの先生に ご負担掛かり過ぎでなきゃいいけど、は後智慧でした。 雑司ヶ谷での50回(!)の説教集まで整えられた田澤ご夫妻の長年のお心配りも眞に 有り-難い ことばかり、の集いでした。










   


3月の礼拝予定

3月  3日 薛 恩峰牧師 『恥を知る』

   10日 岡田 仁牧師 『十字架と共ににいます神』

   17日 市川 セツ子牧師 『ゼロの持つ恐ろしさ』

   20日(水、祝) *鈴木和男先生お宅へ!

   24日 テゼの礼拝: 黙想と祈りの つどい


  二年過ぎてウクライナの砲声止まず、惨劇はパレスティナにも・・・。殺戮へ出陣を命じるのは、 自身(と 'お身内' )は決して行かず・痛みに無縁の(あるいは逆に利益を得る)方々。昔、‛未開族’の 頭に「頭の特権」を尋ねて得た答は、<戦の時に先頭に立って戦うこと>。理不尽な「夢~幻の版図」のために駆り出され殺される人々。次の世での再生/再会を もし 信じるなら、駆り立てた者たちは 何と弁明するのだろう!?

 春に、春にふさわしい日々が 苦しむ人々にも来ますように!!

*3月20日(水、祝):茅ケ崎の鈴木和男先生お宅へ、雑司ヶ谷有志一同(弁当持参で)お邪魔します。正に4年ぶり! 伊藤義清先生が<オレの生まれ変わり>と称した坊やも 4月から大学生、参加予定です。


2月の礼拝予定

 2月 4日 薛 恩峰牧師 『祈るときには』

   11日 岡田 仁牧師  『キリストのとりなしを信じて

   18日 鈴木 真也牧師 『インマヌエルのおとずれ』

   25日 テゼの礼拝

 

 2月4日は立春、二十四節季の一;春の始まり/一年の始まり。採ると めでたい!飲み物・食べ物 多い穏やかな国、寒さの中に凛と香る梅や 雪中開く福寿草、クロッカスの季節です。

 正月早々 猛烈に揺れて港も消えた能登の海と人々。復興はかどらず、災害便乗の諸犯罪横行と聞く。その おぞましさ!  「東南海トラフ地震」:30年以内に70~80%の確率で発生、「東日本・・」を大きく超える惨状予測。ムゴイ!とのみで感覚マヒ。一極集中 極みの日本、その時、どうなるだろう? 

 昔、引っ込み思案で弱っちい子;ふと気づけば、音楽に対する反応が何か違う。で、楽器始めて----- 好きこそ!でオトナの付き添い不要、進んで練習重ね、ほかの面でも自信ついて、しっかり歩む日々。人それぞれ、環境・持ち味・辿る道筋 様々あり。各自の底力を生かし伸ばして生きる。そんな世界で、少しずつでも世の中 良い方へ変わって行く!

 新しい春に、人々に、いま苦しんでいる人々に、ぬくもりと光が 届きますように!  

2014年1月の礼拝予定

1月14日 岡田 仁牧師 『神の真実に おこたえして』

  21日 薛 恩峰牧師 『恐れるなーー新年にあたって――』

  28日 テゼの礼拝

 

 年明けから多難な始まり。自然の中でのヒト~個の もろさ・はかなさ を改めて見た思い。ご冥福を祈るとともに、少しずつでも良くなる道へ、なるべく早く至り得ますように!

 しかし、被災地に物見や盗みに出かける輩も少なからずと! 共感どころか逆の動き;ヒト(と 一部のサル)に備わる共感(ミラー)ニューロンを超えて 他者の不幸を自己の興味/利益に資する<超・人類>の出現。ふと気づけば、調べる・買う・予約ほか、ネット無しでは何も出来ない世に成りつつある。ヴァーチャル世界に住まう度合が増すほど 非・人間化する? ヒトは、それで「ひと」として満たされ 幸せを感じられるのだろうか・・・?

12月の礼拝予定

12月 3日 薛 恩峰牧師『マリアーー選ばれた女性』

   10日 岡田 仁牧師  『おめでとう、恵まれた人』

   17日 《クリスマス燭火礼拝》15時~16時 鈴木 真也牧師『別の道を通って』

   24日   お休み

   31日   お休み  

 

いよいよ師走。コロナもやっと収束に向かいつつある様子。2023.3月 時点で、

   世界で 7億近い人々が罹り、7千万近く亡くなり、

   日本で 3千3百万人罹り、72,997人 亡、とやら。(ご冥福を祈ります。)

罹患の後遺症に苦しむ人々は続き、発症起源の細菌兵器説も消えず・・・

 

2022年5月末始まったウクライナ侵攻戦は600日を超えて停戦の糸口も掴めず

 

日本の秋、11月の木枯らしに真夏日が続く気象。山荒れて飢えたクマは食を求めて里に出、ヒトも狩る・・・

 

夕暮れ早い冬の候、木々変わらぬ雑司ケ谷霊園 抜けて帰る道は暗いので、

今年の燭火礼拝は15時から始めて16時には終わります。

よろしければ ご一緒に集い祈る <教会のクリスマス>を味わってみませんか?!

11月の礼拝予定

11月 5日 薛 恩峰牧師 『祈りは精神的なパン』

   12日 岡田 仁牧師   『希望と解放の主キリスト』

   19日 所 ルガール牧師 『わたしたちを憐れんでください』

   26日 テゼの礼拝

 

 キンモクセイの香も過ぎて早や11月、そして東西で相次ぐクマ被害。異常な暑さに山の稔り乏しく、冬眠前の食い溜めどころかガリ痩せ熊まで出る始末。これでも 温暖化なしと言うのだろうか?!【地球はヒト専有ではなく・ヒトの影響は全てに及ぶ】の再認識を!

  近ごろAI化のさらなる推進が謳われる。で、その先は どこへ行き着く? 効率、利益(為政者の側を優先して?!)を追い求め続ける 行く末は?  根本的な、パラダイム・シフトが要る・・・

 

10月の礼拝予定

10月 1日 薛 恩峰牧師 『あなたは何を求めて生きるのか』

     8日 岡田 仁牧師  『私の重荷をイエス様に委ねて』

       15日   鈴木 真也牧師 『歌に祈りをのせて』

   22日 テゼの礼拝

   29日 (休会)

 

  ‘前代未聞’の暑い夏が昼は続きますが、さすが夜風は 秋はすぐそこ を知らせます。今年、庭の蜜柑の落果が未曾有のひどさで、苛酷な暑さの一つの証拠。

〔山の稔りが乏しくて・乏しい実を増えすぎ鹿が喰い尽くし・飢えた熊が里に来る?〕

 札幌の街ほか人里に熊出没のニュースの多くは、熊の領分にヒトの家々が出来たから。殺処分される熊が哀れです。

増えすぎヒトは地球を食い散らし、何百億年もかけて育ってきた樹々も虫も獣も鳥も、地球史上何度目かの大絶滅の道を辿りつつある。気づかない? 最高被造物の当然の特権? 同時に負うべき<noblesse oblige>は?  

  ‘有望な’ 次世代エネルギ―源としてシェールガスだ、メタンハイドレートだ、いろいろ言われますが、稼働時の+/− 考えると恐ろしい。でも、この夏、冷房なしでは街中、夜寝られなかった。浪費。この矛盾・・・

9月の礼拝予定

9月 3日 薛 恩峰 牧師 『夕べがあり、朝があった』

  10日 岡田 仁 牧師  『揺れることがあっても』

  17日 所 美保 牧師 『イエス様にまかせなさい』

  24日 テゼの礼拝

   

 やっと秋! この夏、北は北海道まで35℃!さらには体温超えのオカシサ。人為的な温暖化を認めない向きが尚あって政界でも有力であり続けるフシギさ。七代後どころか次世代=今の3歳児が大人になるころ、一体どんな世界をわれらは遺しているのだろう?

 スマホでの対応~処理が当たり前、 人とのナマの付き合いは最小、鳥のさえずり・虫の音は耐え難い騒音、激辛~濃厚食に舌は荒れ、・・・。それでも、人恋しさは(与える側ではなく、受ける側の) ‘癒され願望’ 増大へーー

 あるNGOのことば:‘すべてのことは出来ないが、今ここ、少しだけできる’。出来ること、を少しだけ、少しだけずつ、やってゆく。ひとは学ぶ、変わることを信じて・・・。

 

7月の礼拝予定

7月 2日 薛 恩峰牧師 『人間になる』

   9日 岡田 仁牧師 『存在する勇気』

  16日 中川 英明氏

  23日 テゼの礼拝

  30日  夏休み     

 

 暗~い道を多くの人々と黙~って辿って谷川べりの小橋を渡る辺り;ふゎ~~っと空を流れる光、蛍たちでした。星の無い暗い空を すぅ~っとよぎり消える。水辺の叢にも見える。慣れると、傍らの木々の間にも。虫たちの命の輝き、次の世代へ向けての誘い。必死の、しかし一見軽やかな。鈍重なヒトには及びもつかない働き。

 実に様々、多様な命の有りよう。あるがままに美しく、いとおしい。いつまでも、この多様さが保たれ、消え去ることが ありませんように・・・

 

6月の礼拝予定

 6月 4日 薛 恩峰 牧師 『ベストに生きる』

   11日 岡田 仁 牧師  『幸福への近道』

   18日 鈴木 真也 牧師 『ふれあい』

   25日 テゼの礼拝

 

 早くも6月、梅雨 間近か。木々の緑が一段と色濃く、山々を深々と覆っています。

箱根は入生田(いりゅうだ)にある「生命の星 地球博物館」では、見上げる大・地球儀が静かに回っています。眩しい光点はマグマ噴き出ずる処。大洋の周囲には延々あり、上方の連なりは千島から沖縄の先へ;日本列島の辺りは全て光点の連なり・・・

  いま、分る限りの近宇宙において稀有の、生命 溢れる<地球>:植物も動物も虫も魚も実に様々の生き物が暮らし、生まれ育つ。近年、新参・増えすぎヒトの活動が温暖化を加速度的に促し、point of no return (=後戻りのきかない地点)を超えて 他を巻き込む破滅へ?! 様々な命が共存~共栄する道へ、智慧と実行、何より協力が要る。ヒトは どこで本気になるのか?  

6ページ中1ページ目

<< 1 2 3 4 5 >>